熱血!古典教育・国語教育

アクセスカウンタ

zoom RSS 「根拠・理由・主張の3点セット」(鶴田教授のご講演からC)

<<   作成日時 : 2018/02/12 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回の焦点であった「類推思考」は、論理的に考えることの「理由づけ」の部分の核心となるものであると私は理解しました。
 ここで鶴田教授が、今回のご講演の柱としてあげられたのが「根拠・理由・主張の3点セット」でした。

 現代イギリスの分析哲学者であるトゥルミンの「トゥルミン・モデル」は、議論を分析するためのモデルであり、ディベートの等でよく紹介されるものです。

  @主張(Claim)…結論
  A事実(Date)…主張の根拠となるデータ
  B理由づけ(Warrant)…なぜその根拠によって、ある主張ができるかという説明
  C裏付け(Backing)…理由づけが正当であることの証明
  D限定(Qualifiers)…理由づけの確かさの程度
  E反証(Rebuttal)…「〜でない限りは」という条件

 井上尚美『思考力育成への方略〈増補新版〉』(明治書院/2007年)では、このモデルのうち@主張(Claim)、⓶事実(Date)、B理由づけ(Warrant)の3つのみを取り出して、小・中学校段階では「これで十分」とした「三角ロジック」が提唱されているそうです。


  D 事実(根拠=情報の取り出し)

  ↓ ← W 理由づけ(推論=解釈)

  C 主張(結論=熟考・評価)


 「ピーマンを食べよう。」という主張では次のようになります。


  ピーマンにはビタミンCが多く含まれている(D:事実)

  ↓ ← ビタミンCは人間の健康維持には必要不可欠である。(W:理由づけ)

  ピーマンを食べよう。(C:主張)


 日本ではしばしば「根拠」と「理由」が混同されていることの指摘もありました。
 「根拠(evidence)」とは上記の「D:事実」の部分の内容であり、「客観的な事実・データ」、つまり、テキストからの引用でわかる≠烽フです。
 しかし、「理由づけ(reasoning)」とは、「事実・データを解釈・推論すること(意味づけ)」であって、「各自の既有知識・生活経験などによって異なる」ものとなります。つまり、「D:事実」の内容がなぜそう言えるのか?≠ノついて、自分の知っている知識をたとえとして用いたり、これまでの経験を当てはめたりして説得力を高める働きを持たせる部分となるものです。
 この後は様々な事例があげられました。(次回に続く)






全国の先生がつながる SENSEI NOTE(センセイノート)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全国の先生がつながる SENSEI NOTE(センセイノート)
「根拠・理由・主張の3点セット」(鶴田教授のご講演からC) 熱血!古典教育・国語教育/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる